壁の移動や撤去ができない構造の建て売りなので、リフォームしにくいです

購入前に、将来的に間取りの変更があるか、よく検討して話し合いをすれば良かったです。

そもそも配偶者と私の間で、家に対する考え方(生活の仕方、間取り、親との同居の有無、子どもの数、駐車場、庭など)がきちっと話し合えていませんでした。

資金がある程度貯まった、社宅を出なくてはならなくなった、周囲が物件を買い始めたなど、物件購入の理由が揃った事や、勉強がてら行っていたモデルルームでの色々なハウスメーカーの話を聞き、モデルルームを見ていくうちに、購入金額や
通学などの住環境のみに着目するようになり、最終的に配偶者がこれでいと思った物件を購入したのですが、配偶者は仕事で殆ど家にいないので、生活上の不便さは説明しても理解してくれませんでした。

もう10年以上住んでいます。

その間に3世帯同居の話や、子供の成長、新たな家具・家電の購入などありましたが、必ずといっていいほど間取りの話になり、構造上の問題や建築上の問題で、大きなリフォームができずにいます。

私の中の理想の家とはかけ離れ、何かある度に、あの時にちゃんと話し合えていれば、と後悔していますが、配偶者は特に問題していない様子です。

まだローンが半分残っていますが、せっかく苦労して買った家でもあまり愛着はありません。

もしできるなら、老後は自分の希望に合った家に住みたいと思っています。

あわせて読むとおすすめ>>>>>花見川区 新築一戸建て